Excelifyを入手
Excelifyを入手

Excelify Shopify Smartの理解/自動コレクションテンプレート

スマート/自動化されたコレクションテンプレートのヘッダーとフィールドの説明

Shopify自動コレクションとも呼ばれます。ルールを定義してttsをアタッチするコレクションです。

「スマートコレクション」テンプレートの各フィールド/カラム(列)が表す意味を、許容値と例を含めて確認してください。

Exported only” (エクスポートのみ)タグが付いているフィールドは、Shopifyでインポート/設定できませんが、Excelifyエクスポートでエクスポートできます。

Excelシート名

Smart Collections
スマートコレクション

スマートコレクション情報をインポートしていることをアプリに通知するには:

  • CSVファイルを使用する場合は、ファイル名に “Smart Collections “という単語が含まれている必要があります。(例:「my-shopify-smart-collections.csv」)。
  • XLSXファイルを使用している場合は、ファイル内のシート/タブ名を “Smart Collections “にする必要があります。XLSXファイルのファイル名は関係ありません。

エクスポートおよびインポートに使用できるスマート/自動化コレクションカラム(列)

基本カラム(列)

カラム(列) 説明/値の例
ID IDは、アイテム(項目)を識別するためにShopifyによって自動的に生成される番号です。
エクスポートによって入力されます。新しいスマートコレクションを作成する場合、この値は空欄のままにしておきます。Number

22920047631
Handle これは、ストア訪問者がコレクションのURLアドレスとして目にするものです:
https://mystore.com/collections/cool-looking-tshirts
URLアドレスはSEOに大きな影響を与えるため、意味のある名前を付けてください。
ここに何を書いても、アプリはそれらを小文字に変換し、URLに対応していない記号をすべて削除します。
新しいコレクションを作成するときは空欄のままにしておくことができます。その場合、アプリはタイトルからコレクションを生成します。
ハンドルネームに中国語、アラビア語、ロシア語などの非ラテン文字やその他の言語が含まれている場合、デフォルト(初期値)では似たような響きのラテン文字に “transliterated” (文字変換)されます。インポート時にオプションで“Transliterate Handles to English alphabet”(ハンドルネームを英語のアルファベットに変換する)のチェックを外すことで、このオプションをオフにすることができます。ハンドルネームカラム(列)に入れるものは何でも、アプリがShopifyが許容する必要なハンドルネームフォーマットに変換します。ハンドルネームを更新すると、デフォルト(初期値)でアプリは古いハンドルネームから新しいハンドルネームへのリダイレクトも作成します。 ファイルをインポートする際のインポートオプションでこれをオフにすることができます。Shopifyでは、すべてのハンドルネームに255文字の制限があるため、それより長いハンドルネームは255文字に切り捨てられます。

URL で許可されている任意の文字

cool-looking-tshirts
Command スマートコレクションの行をインポートする場合 – 関係するものをアプリに通知するには:

  • NEW:NEWは、提供された詳細を持つ新しいスマートコレクションの作成を試みます。そのようなスマートコレクションが既に存在する場合 (同じ ID または同じハンドルネーム)、結果はエラーとなります。
  • UPDATE:UPDATEは、既存のスマートコレクションを見つけ、その行のデータで更新しようとします。そのようなスマートコレクションが見つからない場合は、新しいスマートコレクションを作成します。
  • REPLACE:まず、提供されたIDまたはハンドルネームを持つスマートコレクションが存在する場合、アプリはそのようなスマートコレクションを削除します。その後、新しいものを作成します。既存のスマートコレクションが見つからない場合でも、アプリは新しいスマートコレクションを作成します。UPDATEとの違いは、スマートコレクションが削除されて再作成されるため、インポートファイルに含まれていなかったカラム(列)は残らないことです。
  • DELETE:アプリは、IDまたはハンドルネームで検出された既存のスマートコレクションを削除します。 そのようなスマートコレクションが見つからない場合、結果はエラーとなります。 この削除コマンドは、スマートコレクションを一括で削除する場合に非常に便利です。

コマンドが指定されていない場合、アプリはUPDATEコマンドを想定しています。

NEW
UPDATE
REPLACE
DELETE

UPDATE
Title コレクションタイトル

Text

Cool Looking T-shirts
Body HTML コレクションについての長い説明文です。

ここでは、プレーンテキストを書いたり、HTMLコードを使ってそのテキストをフォーマットしたりすることができます。

ここに、追加の画像、ビデオ、他のコレクション、商品またはサイトへのリンク、表などを配置できます。

HTML機能については、W3Schools.comなどのオンラインで学習したり、Treehouse.comやUdemy.comなどのオンラインビデオコースを利用したりできます。

HTMLの説明を作成する最良の方法は、Shopify管理画面で1つのコレクションの説明を記述し、必要に応じてフォーマットしてから、エクスポートすることです。 次に、それがHTMLにどのように変換され、他のコレクションにも同じように適用できるかを確認します。

また、このアプリは、より使いやすく、一般的な問題を修正するために、自動的に説明文を使っていくつかの助けをします:

  • テキストをUTF-8エンコーディングに変換します。
  •  “_x000D_” , “”などの無効な文字を自動的に削除します(削除する必要のある無効な文字が他にある場合は、Excelifyサポートに問い合わせてください)。
  • プレーンテキストがまだHTMLでない場合は、プレーンテキストをHTMLに変換します。これにより、適切な改行と基本的なフォーマットが得られます。
  • オプションでHTMLから画像を削除します(インポートオプションでチェックボックスが有効になっている場合)。

Text, HTML

Those all are nice T-shirts, and this is their <b>description</b>.
Sort Order これは、スマートコレクション内で商品がどのように並べ替えるかを明確にします。

基本的に、これはスマートコレクションを編集するときに管理画面で選択するドロップダウンと同じです。

Alphabet
Alphabet Descending
Best Selling
Created
Created Descending
Manual
Price
Price Descending

Best Selling
Template Suffix テンプレートサフィックス(接尾辞)を使用すると、この特定のコレクションのテーマから別のテンプレートを指定できます。 たとえば、ページレイアウトが異なる女性用Tシャツコレクションに別のテンプレートを指定したい場合、です。

開発者と協力して新しいテンプレートを作成するか、コレクション用の追加テンプレートの追加についてShopifyのドキュメントを参照してください。新しいテンプレートが作成されたら、この列で設定して、必要なコレクションに対してテンプレートを有効化できます。

テーマで新しいコレクションテンプレートが作成されると、その別のテンプレートがShopify 管理画面のコレクションのドロップダウンとして表示されます。たとえば、新しいテンプレートファイル名が”collection.women.liquid”の場合、このコレクションに対してこのテンプレートを有効にするには、テンプレートサフィックスとして”women”と記述します。

許容値

Text

women
Updated At このカラム(列)はエクスポートのみ可能です。

コレクションデータを変更するたびに、自動的に更新されます。

許容値

Date & Time

2017-10-06 23:03:00 UTC
Published このコレクションを”Online Store”(オンラインストア)の販売チャンネルで公開するかどうかを指定します。これを「FALSE」に設定した場合、オンラインストアからは非表示になり、顧客はこのコレクションを見つけることができなくなります。

このセルを空欄のままにしておくと、オンラインストアのコレクションフォームが非表示になります。

コレクションが公開されていない場合は、このコレクションを見つけるか、このカラム(列)の更新をインポートして[公開済み]をTRUEにチェックすることで、Shopify管理画面からコレクションを公開できます。

このカラム(列)に他の何かを書き込むと、コレクションはインポートされず、念のため、このアイテム(項目)の[インポート結果]行に”Bad Request”(不正なリクエスト)というエラーが表示されます。

許容値

TRUE
FALSE

TRUE 
Published At このカラム(列)はエクスポートのみ可能です。

スマートコレクションをオンラインストアチャンネルに公開するたびに、自動的に更新されます。

特定の公開日を設定することはできません。

許容値

Date & Time

2017-10-06 23:03:00 UTC
Published Scope このカラム(列)はエクスポートのみ可能です。

コレクションが公開されている場所を示します。

  • global:オンラインストアチャンネルとPOSチャンネルの両方で公開されています。
  • web:オンラインストアチャンネルでのみ公開されます。

許容値

global
web

global
Products Count このカラム(列)はエクスポートのみ可能です。

コレクションの商品数です。

許容値

Number

5
Row # 各行の行番号は1から最後までです。 エクスポートしたファイルの並べ替えを変更してデータを簡単に更新できるように、“Row #”(行番号)で並べ替えて元の並べ替えに戻すことができます。 それは、すべてのアイテム(項目)データが一緒になっている必要があるためです。並べ替えを変更した場合は、元に戻す必要があります。

エクスポートのみ

Top Row アイテム(項目)の“top row” (トップ行)ごとに値“TRUE” があります。 これは、アイテム(項目)ごとに繰り返される行を削除する必要がある場合に備えて、Excelでフィルター処理して基本行のみを取得するのに役立ちます。 一部のシートには、以前からこの列が主行として設定されていましたが、現在はすべてのシートに追加し、より明確になるようにトップ行に名前を変更しました。

エクスポートのみ

Image Src 画像へのリンクです。このリンクは公開されている必要があります。

コレクションに含めることができる画像は1つだけです。

画像がインポートされると、Shopifyがこの画像をダウンロードして独自のサーバーに保存するため、このリンクを使用してホストする必要はありません。

コレクションの画像を更新する必要がない場合は、インポートファイルからこのカラム(列)を削除するだけで、インポート時に画像が変更されません。

許容値

URL

https://images.com/image.jpg
Image Width 画像の幅をピクセル単位で指定します。

エクスポートのみ

1062
Image Height 画像の高さをピクセル単位で指定します。

エクスポートのみ

527
Image Alt Text コレクション画像の代替テキスト。 検索エンジンが画像の中に何があるかを把握するので、SEOに最適です。

許容値

Text

Some descriptive name of the image
Must Match ここでは、これらの可能値の1つを入力することにより、ルールがスマートコレクションにどのように適用されるかを明確にします:

  • all conditions:すべてのルールがTRUEの場合、商品はコレクションに追加されます。
  • any condition:少なくとも1つのルールがTRUEの場合、商品はコレクションに追加されます。

基本的には、手動でスマートコレクションを編集する場合は、Shopify 管理画面と同じです。

許容値

all conditions
any condition

any condition

ルール

各スマートコレクションには、自動コレクションに含まれる商品を定義する一連のルールがあります。

これらのルールは、コレクションのためにShopify管理画面に入力できるため、実際には同じです。 これらを入力する方法を理解するための最良の方法は、Shopify 管理画面で入力してから、エクスポートを実行することです。 次に、Excelで何が何であるかを確認し、大量にインポートする多数のコレクションを作成するときに同じ原則を繰り返すことができるようになります。

例えば、在庫のある商品だけを含めるために、ルールがあります:

Variant Inventory | Greater Than | 0
カラム(列) 説明/値の例
Rule: Product Column ここでは、どの商品カラム(列)がルールに適応するか明確にします。

これらは、スマートコレクションルールを作成するときにShopify管理画面で使用できるオプションと同じです。

許容値

Title
Type
Vendor
Variant Title
Variant Compare At Price
Variant Weight
Variant Inventory
Variant Price
Tag

Variant Inventory
Rule: Relation ここでは、その商品カラム(列)と条件に適用する必要がある関係を明確にします。

これらは、スマートコレクションルールを作成するときにShopify管理画面で使用できるオプションと同じです。

どのルール関係をどのカラム(列)に適用できるか、およびどのような結果を達成できるかについては、いくつかの制限と関心を引く組み合わせがあります。 自動化されたコレクションの詳細をご覧ください。

ルール”Tag” (タグ)には”Equals”(イコール(等しい))関係を使用します。

許容値

Greater Than
Less Than
Equals
Not Equals
Starts With
Ends With
Contains
Not Contains

Greater Than
Rule: Condition ここには設定したい条件値を書きます。

許容値

Text

0

連携商品

各スマートコレクションは、ルール(条件)によって、そのコレクションに自動的に追加される商品を含めることができます。

このデータを使用して、どの商品が実際にどのコレクションにあるかを確認したり、それらをインポートしてスマートコレクションの商品の位置を変更したりすることができます。

カラム(列) 説明/値の例
Product: ID Shopifyの商品IDです。スマートコレクション内にある商品を識別するために使用します。

許容値

Number

23847628343423
Product: Handle 商品のハンドルネームです。 商品IDで商品が見つからない場合、商品を識別するための代替方法として機能します。 商品のIDがわからないショップ間で商品を分類する場合に特に便利です。

許容値

Text

t-shirt-red
Product: Position コレクション内の商品の位置表示です。ここに空欄の値を持つ値がある場合、それらの値はインポートファイルに表示されている順序を維持します。

位置の値は、”Sort Order” (並べ替え順序)が”Manual”(手動)に設定されている場合にのみ表示されます。

許容値

Number

5

メタフィールド

メタフィールドページの説明を読んでください。

SEOフィールド

SEOフィールドは、実際には次の名前のメタフィールドです:

  • SEOタイトルメタフィールド名は “Metafield: title_tag”
  • SEOの説明 メタフィールド名 は “Metafield: description_tag”

知っておきたい

  • スマートコレクションごとに複数のルールをインポートするには、少なくとも同じID、ハンドルネーム、またはタイトル(いずれか始めの方)を持つ行を繰り返し、ルールの値を設定するだけです。ベース行の内容を削除する必要はありません。
  • 一部のカラム(列)を更新しないようにするには、Excelファイルからそれらのカラム(列)を削除します。そうすれば、インポートはそれらのカラム(列)には触れません。
  • 値が空欄のカラム(列)がある場合、このカラム(列)は空欄に変更されます。
  • メタフィールドの数に制限はありません。