Excelifyを入手
Excelifyを入手

Shopify製品のインポート/エクスポートテンプレート&ガイド

「商品」テンプレートにて各フィールド/列の意味や可能な値と例を含めて確認してください。

Exported only」タグが付いたフィールドは、Shopifyでインポート/設定できませんが、Excelifyエクスポートでエクスポートできます。

Excelシート名

Products

製品をインポートするにはアプリに以下の条件が必須です:

  • CSVファイルを使用する場合、ファイル名には「製品」という単語を含める必要があります(例:「my-shopify-products.csv」)。
  • XLSXファイルを使用する場合、ファイル内のシート/タブ名は「製品」である必要があります。XLSXファイルのファイル名は関係ありません。

エクスポートとインポートに使用できる列

基本な列

カラム 説明 / 値の例
ID

Exported only

IDは、Shopifyによってアイテムを識別するために自動的に生成される番号です。エクスポートによって入力されます。

新しい製品を作成する場合、この値は空欄のままにします。

数字

11920047631
Handle 次のような製品のURLアドレスはストアの訪問者に表示されます:https://etaystore.com/products/mom-strength-red-t-shirt-slim-fit

URLアドレスはSEOに大きな影響を与えるため、わかりやすい名前を付けてください。

アプリは入力された文字を小文字に変換し、URLに対応していない記号を削除します。

新しい製品を作成するとき、値を空欄のままにできます。その場合、アプリはタイトルから生成します。

ハンドルに中国語、アラビア語、ロシア語、またはその他の言語などの非ラテン文字が含まれる場合、デフォルトで、類似した発音のラテン文字に「音訳」されます。「ハンドルを英語のアルファベットに変換する」のチェックを外すと、インポート時にオプションのこのオプションをオフに切り替えることができます。


各商品ハンドルはShopifyストア全体で一意である必要があるため、外部データソースから新しい商品を作成する場合は、次のようなExcelの数式を使用して、タイトルと元の商品IDからハンドルを作成することをお勧めします:= C2&””&B2(仮定B列に元の製品IDを入力したことを確認します)。

Handle列に何を入力しても、アプリはそれを必要なHandle形式に変換します。これはShopifyで受け入れられます。


Handleを更新すると、デフォルトでアプリは古いHandleから新しいHandleへのリダイレクトも作成します。これは、ファイルのインポート時にインポートオプションでオフにできます。


Shopifyでは、すべてのハンドルに255文字の制限があるため、それより長いハンドルは255文字に切り捨てられます。


許容値

URLで使用できる任意の文字

mom-strength-red-t-shirt-slim-fit-123456
Command 製品の行をインポートする場合 – アプリに希望を伝えます。

  • NEW: 詳細と共に新しい製品を作成しようとします。そのような製品がすでに存在する(同じIDまたは同じハンドルを持つ)場合、結果は失敗となります。
  • UPDATE: 既存の製品を見つけようとし、行のデータで情報を更新します。製品が見つからない場合は、新しく作成されます。
  • REPLACE: 最初に、提供されたIDまたはハンドルを持つ製品が存在する場合、アプリはそれらを削除します。その後、新しいものを作成します。既存の製品が見つからない場合でも、アプリは新しい製品を作成します。UPDATEとの違いは、製品が削除されて再作成されるため、インポートファイルに含まれていなかった列が保持されないことです。
  • DELETE: アプリはIDやHandleをもとに、既存の製品を削除します。製品が見つからない場合、結果は失敗となります。このDELETEコマンドで、製品を簡単にまとめて削除することができます。

許容値

NEW
UPDATE
REPLACE
DELETE

UPDATE
Title 製品のタイトル

Mom Strength Red T-shirt Slim Fit
Body HTML これは製品についての長い説明です。

ここに簡単なテキストのみを記述するか、HTMLコードを使用してそのテキストをフォーマットできます。

ここには、追加の画像、ビデオ、他の製品やサイトへのリンク、表などを配置できます。

W3Schools.comなどのHTML機能についてオンラインで学習したり、Treehouse.comUdemy.comなどのオンラインビデオコースを使用したりできます。

製品のHTMLを作成する最良の方法は、1つの製品の説明をShopify管理画面で記述し、好きなようにフォーマットしてから、エクスポートすることです。次に、それがHTMLにどのように変換されるかを確認し、同じことを他の製品に適用できるようにします。

このアプリは、説明を自動的に支援して、一般的な問題の使用と修正を容易にします。

  • テキストをUTF-8エンコーディングに変換します。
  • 「_x000D_」や「 」などの無効な文字を自動的に削除します(削除する必要のある無効な文字が他にある場合は、Excelifyサポートにお問い合わせください)。
  • テキストをHTMLに変換します。これにより、適切な改行と基本的な書式が設定されます。
  • 必要に応じて、HTMLから画像を削除します([ インポートオプション]でチェックボックスが有効になっている場合)。

 

テキスト, HTML
例
<b>機能</ b>
<ol>
<li>見栄えが良い</ li>
<li>気分が良い</ li> 
</ ol>
Vendor  基本的にブランド名。

同じブランド名はすべて同じように記入してください。たとえば、「H&M」と「H & M」(スペースあり)は2つの異なるブランドとして表示されます。

許容値
テキスト
例
ナイキ

Type  製品タイプ–各製品に特定の種類を定義できます。たとえば、Tシャツ、靴、帽子などがあります。

許容値

テキスト

Tシャツ

Tags  タグを使用すると、追加の要素または「プロパティ」を製品に追加できます。これをフィルタリングに使用して、ストア内の製品に関する追加情報を表示できます。

Type列だけでは不十分で、何らかの階層を作成する必要がある場合にも、タグは便利です。たとえば、この商品がシャツとスカートであることを伝えたい場合、タグを追加できます:Type:Shirt、Type:Skirt。

次に、タグ「Type:Shirt」を持つすべての製品を含めるスマートコレクション「Shirt」と、タグ「Type:Skirt」を持つ製品を含める別のスマートコレクションを作成できます。これにより、この製品は両方のスマートコレクションに含まれます。

タグ列の値は、複製されたすべての製品行から一緒に読み取られます。そのため、必要に応じて、各タグの行が重複する行を作成し、それらすべてをインポートすることができます。
タグを一括管理する方法については、このチュートリアルをご覧ください。

許容値

カンマで区切られたリスト

Color: Red, Eatable, Featured, Type: Skirt
Tags Command  タグをどうしたいかアプリに伝えます。

  • MERGE: 既存のタグにタグを追加します。つまり、インポートファイルにすべてのタグをリストする必要はなく、追加したいタグだけをインポートできます。インポートするタグの一部が既に存在する場合、アプリはそれを無視します。
  • DELETE: インポートファイルにリストされているタグを削除します。リストされたタグが存在しない場合、アプリはそれを無視します。
  • REPLACE: 既存のすべてのタグをインポートファイルのタグで置き換えます。MERGEを使用する場合、アプリが最初に既存のタグをロードする必要があるため、この方法を使用してインポート速度を最大化し、追加の時間がかかります。

タグコマンドが設定されていない場合、アプリはデフォルトでREPLACEコマンドを想定します。

タグをアイテム内の複数の行にリストし、さまざまなタグコマンドを使用することもできます。
それらは、ファイルにリストされているのと同じ順序でアイテム内で実行されます。

タグを一括管理する方法については、このチュートリアルをご覧ください。

MERGE
DELETE
REPLACE

REPLACE
Created At
Exported only
これは、Shopifyで製品が実際に作成された時刻に自動的に設定されます。
別のストアから移行する場合、この時間が常に移行時間になります。

時間

2017-10-06 23:03:00 UTC
Updated At

Exported only

製品データを変更すると、自動的に更新されます。

時間

2017-10-06 23:03:00 UTC
Published この製品をチャンネルに公開するかどうかを指示します。

「公開範囲」の列と組み合わせて機能します。

このセルを空のままにすると、セルはFALSE値として扱われます。

TRUE FALSE

TRUE
Published At この列はエクスポートおよびインポートできます。

製品を公開すると、自動的に更新されます。

特定の日付をインポートして、過去の製品公開日を設定できます。

「発行済み」列が存在しない場合、この列に日付があると、以前に発行されていない製品が発行されます。基本的に、この列を日付値とともにインポートすると、Published = TRUEになります。

時間

2017-10-06 23:03:00 UTC
Published Scope

 

製品を公開する場所をShopifyに指示します。

この列は、「公開済み」列と次のように連動します。

公開済み 公開範囲 結果
TRUE global 製品をオンラインストアおよびPOSチャネルに公開します。
TRUE web 製品をオンラインストアに公開しますが、POSチャネルには公開しません。
FALSE global 製品をPOSで公開しますが、オンラインチャネルでは公開しません。
FALSE web 製品をどのチャネルにも公開しません。

現在、Shopify APIでは許可されていないため、Facebookや Wholesaleなどの他のチャネルへの変更は、このインポートでは利用できません。ただし、このビデオチュートリアルに従って、管理を介してすべてのチャネルを一括で変更し、フィルターおよびタグ(Excelifyでインポートできる)を操作して、公開/非公開にする特定の製品を識別できます。

デフォルトでは、製品はWebに公開されます。

許可値

global
web

global
Template Suffix テンプレートサフィックスを使用すると、この特定の製品のテーマから別のテンプレートを指定できます。たとえば、ページレイアウトが異なるおすすめ商品に異なるテンプレートを指定することができます。

開発者と協力して新しいテンプレートを作成するか、追加の製品テンプレートの追加に関するShopifyのドキュメントを読んでください。新しいテンプレートが作成されたら、この列を設定して、必要な製品に対してそれをアクティブ化できます。

テーマに新しい製品テンプレートが作成されると、Shopify Adminで製品のドロップダウンとしてその異なるテンプレートが表示されます。たとえば、新しいテンプレートファイル名が「product.featured.liquid」の場合、この製品に対してこのテンプレートをアクティブ化するには、テンプレートサフィックスとして「featured」と書き込みます。

許可値

Text

featured
Gift Card この製品がギフトカード製品かどうかを示します。

商品作成時のみ設定可能で更新不可です!

ギフトカード製品を一括インポートする方法に関するチュートリアルを確認してください。

このフィールドに値「TRUE」を設定すると、これらのバリアントフィールドが必須のパラメータに強制され、ギフトカードが作成されます。

管理->製品のギフトカード製品は、他の製品とまったく同じに見えます。
ギフトカード製品を確認するには、[管理]-> [製品]-> [ギフトカード]-> [ギフトカード製品の管理]に移動します。

TRUE
FALSE

FALSE
URL

Exported only

製品ページのURL。

許可値

URL
Row #

Exported only

各行の1から最後までの行番号があります。そのため、エクスポートしたファイルの並べ替えを変更してデータを簡単に更新できるようにした場合は、「Row#」で並べ替えて元の並べ替えに戻すことができます。なぜなら、すべてのアイテムデータは一緒になっている必要があるためです。並べ替えを変更した場合は、並べ替える必要があります。

数字
Top Row

Exported only

アイテムの各「最上行」の値は「TRUE 」になります。これは、アイテムごとに繰り返される行を削除する必要がある場合に備えて、Excelでフィルターして基本行のみを取得するのに役立ちます 。一部のシートには既にこれがプライマリ行列として含まれていましたが、これ をすべてのシートに追加し、名前をトップ行に変更して、 より明確にしました。

許可値

TRUE
FALSE

コレクション

各製品は、いくつかのカスタムコレクションとスマートコレクションに入っています。

カラム 説明 / 値の例
Collection

Imported only

この列は、Shopify CSVインポートとの互換性を維持するためにのみインポートされます。現在のコレクションはすべて「カスタムコレクション」列にあるため、エクスポートには表示されません。

これには、この製品を追加する必要があるコレクションタイトルが含まれます。

Excelifyアプリは、このタイトルで既存のカスタムコレクションを検索し、見つかった場合は、この製品をそのカスタムコレクションに追加します。

同じタイトルのコレクションが複数見つかった場合は、この製品を最初のコレクションに追加します。

そのようなカスタムコレクションが存在しない場合、Excelifyアプリが作成し、そこにこの製品を追加します。

製品の行を繰り返し、各カスタムコレクションのタイトルを独自の行に配置することにより、この製品を複数のカスタムコレクションに一度に追加できます。

許容値

テキスト
Custom Collections この列はエクスポートおよびインポートされます。

これには、この製品が表示されるカスタムコレクションのカンマ区切りのリストが含まれています。

この列の値は、すべての製品行(イメージ行とバリアント行)で繰り返されます。これにより、どのSKUがどのコレクションにあるかを調べるなどのトリックが可能になります。

インポート時に、それらのカスタムコレクションハンドルのコンマ区切りのリストがすべての行から読み取られているため、複数の製品行に複数のコンマ区切りのハンドルを含めることができます。

このセルがエクスポートで空の場合は、この特定の製品がカスタムコレクションのいずれにも含まれていないことを意味します。

この列に空の値をインポートする場合、この製品はどのコレクションからも削除されません。ここに記載されているコレクションに追加されるだけです。

カスタムコレクションの詳細については、カスタムコレクションのドキュメントを参照するか、チュートリアル「Shopify カスタムコレクションに製品を追加する方法(手動コレクションとも呼ばれます)」を参照してください 。

コンまで区切られたコレクション名

daily-picks, our-bestsellers
Smart Collections

Exported only

この列はエクスポートのみです。

この製品が表示されるスマートコレクションのカンマ区切りのリストが含まれています。

この列の値は、すべての製品行(イメージ行とバリアント行)で繰り返されます。これにより、どのSKUがどのコレクションにあるかを調べるなどのトリックが可能になります。

このセルが空の場合は、この特定の製品がどのスマートコレクションにも含まれていないことを意味します。

製品をスマートコレクションに含めるには、スマートコレクションのドキュメントを参照するか、チュートリアル:製品タグでスマートコレクションを一括で作成するを参照してください 。

コンマで区切られたコレクション名

red-shirts, discounted

在庫 / バリエーション

各製品には、サイズや色など、製品の異なるバージョンである複数のバリエーションを含めることができます。

これらのバリアントはすべて、インポートおよびエクスポートできます。

複数のバリアントを持つ製品は、次のように編成されています。追加のバリアントごとに、ベース列から新しい行にセルをコピーする必要があります。バリアントが同じ製品に属していることを識別するには、ID列またはハンドル列が必要です。同時に、必要に応じて、他のすべての列も複製できます。

これらはすべて列であり、Shopify Adminで新製品のバリアントを追加するときにアクセスできます。

Shopifyでは、製品ごとに最大100のバリアントを使用できます。

 

カラム 説明 / 値の例
Variant Inventory Item ID

Exported only

グローバルインベントリアイテムの識別子。これは、Shopifyが多くの場所で在庫アイテムを識別する方法の新しい方法です。アプリはこの新しいアプローチに徐々に移行しています。詳細はこちら

数字
Variant ID

Exported only

製品にはバリアントがあります。バリアントは、本質的に固有のオプション値の組み合わせです。

各バリアントは、インポート後、Shopifyによって割り当てられた独自のバリアントIDを取得します。

新しいバリアントをインポートするか、製品の既存のバリアントをすべて置き換える場合は、バリアントID列を空のままにするか、その列をExcelファイルから削除する必要があります。

製品をエクスポートする場合、バリアントIDは、更新するバリアントへの参照として機能します。バリアントIDをインポートファイルに保持することで、バリアントの1つ以上の列を更新できます。これにより、インポートで更新する必要のあるバリアントが正確にわかります。
製品に複数のバリアントを追加するには、行を追加する必要があります。追加されたExcelの行が同じID、ハンドル、またはタイトル(どちらか早い方)を持つ場合、インポートはバリアントが同じ製品に属していることを認識します。他のすべての製品ベース列(バリアントではない)は、バリアント行では無視されます。つまり、それらを空のままにするか、同じ前の行をコピーすることができます。場合によっては、はるかに便利です。基本的に、行をコピーする場合、コピーされた製品情報のセルを空にする必要はありません。

製品にバリアントを含めることはできません。この場合、1つのバリアントがあり、この製品の在庫数量や価格などの情報を保持します。

数字

41920047632
Variant Command バリアントがインポートされるたびに、バリアントの各行に対して実行されるコマンドが常に1つあります。

  • MERGE – 新しいバリアントを既存の製品バリアントにマージします。「バリアントID」「バリアントSKU」「バリアントバーコード」、またはオプション値で検索できるものを更新します。更新するそのようなバリアントが見つからない場合は、新しいものが追加されます。
  • DELETE – リストされたバリアントを削除します。「バリアントID」「バリアントSKU」「バリアントバーコード」、またはオプション値–削除するバリアントを識別できるようにするために必要です。
  • REPLACE – すべての既存の製品バリエーションをインポートにリストされているものに置き換えます。これにより、その製品のインポートに含まれていないすべてのバリアントが削除されます。

 

バリアントコマンドが指定されていない場合、MERGEが想定されます。

バリアントの追加の詳細については、このチュートリアルを参照してください:既存の製品にバリアントを追加する方法。

許容値

MERGE
DELETE
REPLACE

MERGE
Option1 Name 各製品には3つのオプションがあり、オプションごとに多くの値があります。

このOption1 Name列は、1番目のオプションの名前です。この第1オプションの値は、「オプション1値」列に書き込まれます。これは、いわゆる製品のバリアントになります。

選択できるオプションがない場合は、これらのオプションを空にすることができます。次に、オプション値も空のままにする必要があります。

テキスト

Color
Option1 Value Option1名の値。

たとえば、Option1の名前を「色」と見なした場合、Option1の値には、赤、青、緑などの色を含める必要があります。

オプション値はいくつでも持つことができます。Shopifyのグローバルな制限は、製品ごとに最大100のバリアントを持つことができるということです。

すべてのオプション値の組み合わせは一意である必要があります。つまり、同じオプション値を持つ2つのバリアントは許可されません。たとえば、同じ色、サイズ、生地の2つのバリアントを使用することはできません。それらの少なくとも1つは異なっている必要があります。

同じセルから複数のオプションを生成する必要がある場合は、で分割します。(セミコロン)。アプリは3つすべてのオプション値の組み合わせを生成します。これらはすべて、で分割された値を持つことができます。(セミコロン)。

許容値

テキスト

Red
Option2 Name  

二番目のオプションの名前。

許容値

テキスト

Size
Option2 Value 二番目のオプションの名前。

許容値

テキスト


XS
Option3 Name 3番目のオプションの名前

テキスト

Fabric

Option3 Value 3番目のオプションの名前

テキスト

Cotton
Variant Generate From Options

Imported only

オプション値をセミコロンでリストすることにより、オプションからバリアントを生成することもできます。次に、このフィールドで値「TRUE」も指定して、オプションを生成することをアプリに通知する必要があります。詳細については、チュートリアルをご覧ください。

許容値

TRUE
FALSE

TRUE
Variant Position バリアントは特定の順序でソートできます。このバリアントポジションはその順序を示します。

既存のバリアントの順序を更新するには、それらの番号を変更し、それらを更新としてインポートして戻します。

もちろん、この列だけをインポートすることもできます。インポートファイルにID列とVariant ID列が必要です。更新する必要のある製品とバリアントをアプリが認識できるようにしてください。

数字

17
Variant SKU SKU番号は「在庫管理単位」の参照番号で、通常、卸売りで製品バリアントを一意に識別および参照するために使用されます。一部の企業では、すべての在庫をSKU番号で整理しているため、商品を正確に追跡できます。

DropShippingの会社からデータをインポートする場合、ほとんどの場合、それらの会社には製品のバリエーションを識別するためのSKU番号があります。この列では、卸売会社またはDropShipperからのSKU番号を保持することをお勧めします。これは、顧客がストアを通じて注文し、DropShipperにこのSKU番号を伝えることができ、どの製品バリアントが注文されているかがすぐにわかる場合に役立ちます。

独自の在庫がある場合は、1、2、3、またはより複雑な独自のSKU番号を作成して、製品カテゴリやTS000001RXSCなどの他の重要な情報をエンコードできます。

バリアントSKUは、IDまたはハンドルが製品に対して不明な場合に、既存の製品を識別する「キー」としても使用できます。チュートリアルを読む: SKUで製品を更新する方法
また、ファイルにハンドルとタイトルが含まれている場合でも、列ヘッダーに[ID]を追加することで、アプリにSKUで製品を識別させることができます。詳細はこちら

テキスト

TS000001RXSC

 

Variant Barcode ShopifyはUPCまたはISBNバーコードタイプを正式にサポートしていますが、他のバーコード形式をここに配置できます。

テキスト

12500-00081
Variant Image バリアントイメージへのリンク。

バリアントイメージの行がImage Srcイメージの行と整列していません。彼らはそれぞれ自分の人生を送っています。

商品画像のImage Srcで使用するのと同じリンクにすることも、このバリアントに固有の別のリンクにすることもできます。

このリンクがImage Src列にもあるリンクの1つである場合、それはそれを認識し、バリアントに同じ製品画像を使用します。

それが画像ソース列にリストされていないリンクになる場合は、この画像も製品画像に追加されます。

各バリアントは1つのイメージのみを持つことができます。

画像が欠落しているために正しい画像がバリアント画像にマッピングされているかどうかアプリが確信できない場合、それに関する警告がインポート結果ファイルの「インポートコメント」列に書き込まれます。

この画像の「代替テキスト」を指定するには、「画像の代替テキスト」列のこの画像リンクに対して指定します。

URL

https://images.com/image.jpg
Variant Grams インポートのみ(Shopify CSV列形式と互換性があるため)。

ストアに表示する重量に関係なく、重量をグラムで指定できます。

「バリアントウェイト」列がない場合にのみ、この列の値を使用します。

製品情報を表示するとき、Shopifyはこれらのグラムを、使用する必要がある任意の重量単位に変換します。

整数

200
Variant Weight 指定されたバリアントウェイトユニットのウェイト。

数字

1.2345
Variant Weight Unit クライアントを表示するための重量単位。Shopifyは、グラムをこの重量単位に自動的に変換します。

g
kg
oz
lb

lb
Variant Price ストアに設定した通貨でのバリアントアイテムの価格。

10進数

389.99
Variant Compare At Price バリアント価格が割引価格の場合の元の価格。

つまりバリアントが割引価格で販売されていることを示す場合は、バリアント価格を新しい割引価格に設定し、この「バリアント比較価格」を以前の元の価格に設定します。

すっきりさせるトリック

すべての割引製品を示すスマートコレクションを作成する場合は、ルールを用いたスマートコレクションを作成することができます。これはVariant Compare At Priceが 0よりも大きくなります。

さらにすっきりさせるトリック

割引コードを作成して、まだ割引価格で販売されていない製品にのみ使用できるようにする場合は、Variant Compare At Priceが0 である製品のみを含むスマートコレクションを作成します。そのコレクションはあなたの割引コードにを添付できます。あなたの割引コードに。

しかし問題は、バリアント価格比較が空になると、それらの製品はこのリストに含まれず、基本的に顧客は割引コードを使用できなくなることでし。それらの製品をその「割引されていない製品」コレクションに表示するには、割引されていない製品バリアントVariant Compare At Priceをすべて正確に0に設定する必要があります 。

10進数

499.99
Variant Taxable TRUEに設定すると、Shopifyはストアの税設定を考慮して、商品価格に追加の税を課します。

これをFALSEに設定すると、税は価格に追加されません。

空のままにすると、課税対象外と見なされ、FALSEと見なされます。

TRUE
FALSE

TRUE
Variant Tax Code 製品バリアントのAvalara税コードを指定します。Avalara AvaTaxアプリがインストールされているストアのみをエクスポートおよびインポートします。

テキスト

DA040000
Variant Inventory Tracker バリアントの在庫は、Shopifyで追跡できます。

在庫追跡を行うとは、誰かが在庫在庫の利用可能な数量を管理することを意味します。アイテムが購入されるたびに、このバリアントの数量は減少します。

この値は、在庫数量を設定する場合に必要です。

この列で許可される値:shopify、<empty>、<handle-of-the-tracking-service>

値を「shopify」に設定すると、Shopifyは各バリアントの在庫数量を追跡および更新します。

一部のDropShipperは、在庫追跡サービスと利用可能な数量の自動更新を提供します。その場合、Shopifyが追跡しないように、この値を空のままにする必要があります。

Shopifyで在庫を追跡できるバリアントもあれば、空のバリアントもあります。つまり、ここでの在庫はShopifyで追跡されません。

shopify
<empty>
<Handle-of-tracking-service>

shopify
Variant Inventory Policy Shopifyが在庫を追跡している際、バリアントの数量が0に達したときに在庫がないことを意味することを把握する必要があります。

許可される値は次のとおりです。

  • deny:Shopifyは、このアイテムをストアで購入することを許可しません。在庫がないことをお客様に伝えます。
  • continue:Shopifyでは、在庫がなくても、顧客はストアから注文を購入できます。

If you will leave this value empty, and Shopify will be set to track your inventory, then Shopify will consider this to be “deny” policy by default.この値を空のままにすると、Shopifyが在庫を追跡するように設定され、Shopifyはこれをデフォルトで「拒否」ポリシーと見なします。

deny
continiue

deny
Variant Fulfillment Service 顧客が商品を注文すると、商品を梱包して顧客に発送できる倉庫またはDropShipperがあります。これはフルフィルメントサービスと呼ばれます。これを接続すると、アイテムがストアから注文されると、フルフィルメントサービスプロバイダーがその注文を即座にお客様に自動的に発送します。

ストアに複数のフルフィルメントサービスを接続することができ、各バリアントはそれらの1つにリンクできます。

手動で注文を処理する場合は、値「manual」を入力できます。

フルフィルメントサービスで注文を発送する場合は、フルフィルメントサービスのハンドルをここに入力する必要があります。ストア内のバリアントの1つに選択したフルフィルメントサービスを設定し、エクスポートを実行することにより、このハンドルを見つけることができます。エクスポートファイルには、このフルフィルメントサービスのハンドルが表示されます。

Text

manual
Variant Requires Shipping バリアントは出荷可能である場合とそうでない場合があります。発送不可のバリエーションは、デジタル商品であり、販売します。

TRUEに設定すると、Shopifyはお客様に配送先住所を尋ねます。

これがFALSEの場合、Shopifyは配送先住所を要求しません。

これを空のままにすると、FALSEと見なし出荷の必要がないと見なします。

許容値

TRUE
FALSE

TRUE
Variant Inventory Qty 在庫の利用可能な製品バリアントの数量。

Variant Inventory Trackerが「shopify」に設定されている場合、アイテムが販売されると自動的に更新されます。

この数値は、すべての場所の合計数量です。

この列の数値をインポートし、「在庫あり:…」または「在庫あり調整:…」の列がない場合は、この数量番号がプライマリロケーションに設定されます。

数字

5839
Variant Inventory Adjust 在庫の差異を調整する数値–正の数値は既存の数量に在庫を追加し、負の数値は在庫の数量を差し引きます。

この列をインポートする場合、「バリアントインベントリの数量」はインポートできません(インベントリを同時に設定および調整することは意味がないため)。

数字

-20

バリアントコスト

エクスポートするとき、「バリアントコスト」を選択すると、各バリアントが設定した値を持つ各バリアントのエクスポートファイルにこのフィールドが含まれます。

Shopifyのバリアントに「コスト」値が設定されていない場合、そのフィールドのバリアントは空になります。

カラム 説明 / 値の例
Variant Cost アイテムあたりのコスト」の値で、通常はこのアイテムのサプライヤーからのコストです。

10進数

200.22

税関情報

カラム 説明 / 値の例
Variant HS Code バリアントの一般的な 調和システム(HS)コード。

数字

123456
Variant Country of Origin バリアントが作成された国の2桁のコード

国コード

US

複数の場所の在庫レベル

カラム 説明 / 値の例
Inventory Available: <Location Name> 特定の場所で利用可能な在庫の数量。

ロケーションごとの列があります。

  • その場所でインベントリを有効にする必要がある場合は、0以上の値をインポートしてください。
  • その場所の在庫を削除する必要がある場合は、空の値をインポートします。
  • その場所の在庫数量を変更する必要がない場合は、その特定の場所の列をインポートしないでください。
  • 在庫を特定の数量だけ調整する必要がある場合は、この列をインポートに含めないでください。ただし、デルタ番号には[在庫あり調整:…]列を使用してください。

マルチロケーションインベントリの詳細をご覧ください。

数字

1000
Inventory Available Adjust: <Location Name> バリアントごとに、場所ごとに調整する必要がある数量。

ロケーションごとの列があります。

場所ごとに固定数量をインポートする必要がある場合は、この列をインポートしたり、空のインポートしたりしないでください。「使用可能な在庫:…」列を使用してください。

マルチロケーションインベントリの詳細をご覧ください。

数字

-5

画像

各製品には複数の画像を含めることができます。

各バリアントはそれらの画像の1つにリンクできます。

画像の列と行は、バリアントの列と行と相関していません。そのため、バリアントイメージとイメージソースの行は揃っていません。各列グループは、それぞれ独立しています。

カラム 説明 / 値の例
Image Src 画像へのリンク。このリンクは公開されている必要があります。

画像がインポートされたら、Shopifyがこの画像をダウンロードして独自のサーバーに保存するため、このリンクで画像をホストする必要はありません。

同じ製品の複数の画像をインポートするには、2つのオプションがあります。

  1. 同じID、ハンドル、またはタイトルの値で新しい行を繰り返す
  2. 同じImage Srcセルに複数の画像リンクがあり、;(セミコロン)で区切られている
  3. 上記の両方のオプションの任意の組み合わせ。

追加の画像を追加する必要がある場合は、他の画像について言及する必要はありません。インポートする必要があるそれらの画像についてのみ言及し、MERGEを「画像コマンド」として使用してください。

Image Src列が空になるか、存在しない場合、画像は変更されません。「画像コマンド」のREPLACEを使用しない限り、画像は何にも置き換えられず、既存の画像はすべて削除されます。
Shopifyがすべての画像をダウンロードできない場合、それに関する警告がインポート結果ファイルの「コメントのインポート」列に表示されます。

URL

https://images.com/image.jpg;
https://images.com/another-image.jpg
Image Command ここではアクションを定義し、画像をどのように処理するかを定義します。

  • MERGE – 製品のすべての既存のイメージを保持し、このインポートから指定されたイメージのデータを更新し、新しいイメージを追加します。
  • DELETE -画像の隣に置くと、その画像は削除されますが、他のすべての画像は保持されます。
  • REPLACE -他のすべての画像を削除し、このインポートに含まれる画像のみを保持します。

デフォルトで画像が削除または削除されることはありません。コマンドを実行する場合のみ削除されます。

Image Commandが空であるか、そのような列が存在しない場合、MERGEコマンドが想定されます。

許容値

MERGE
DELETE
REPLACE

MERGE
Image Position 特定の画像の位置。

エクスポートを実行し、それらの位置の値を変更し、画像列の更新としてインポートすることで、1つの製品内の画像を並べ替えることができます。

画像の位置を変更するには、同じインポートに「Image Src」列が必要です。これにより、どの画像について話しているのかがわかります。

セミコロンを使用して複数の画像をインポートする場合、画像番号はこの指定された番号から自動的に増加します。

数字

5
Image Width

Exported only

画像の幅(ピクセル単位)。

数字
Image Height

Exported only

画像の高さ(ピクセル単位)。

数字
Image Alt Text SEOのベストプラクティスでは、画像に「代替テキスト」を指定することを強くお勧めします。これは、検索エンジンがこれを認識し、その画像内に何があるかを知るためです。

テキスト

T-shirt small size

メタフィールド

Metafieldsの詳細なドキュメントをお読みください。

SEOのためのメタフィールド

メタフィールド列名 SEO フィールド
Metafield: title_tag SEO タイトル
Metafield: description_tag SEO 説明

Google Shoppingのためのメタフィールド

これらは、Shopify CSVファイルでインポートおよびエクスポートするフィールドと同じですが、Shopifyに以下のメタフィールドとして保存されます。

Metafield Column Name Google Shopping Field
Metafield: mm-google-shopping.adwords_group Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / AdWords Grouping
Metafield: mm-google-shopping.adwords_labels Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / AdWords Labels
Metafield: mm-google-shopping.gmc_id 製品とそのバリアントの間をカンマで区切る。

Comma separated relationships between product and its variant(s).

“shopify_US_”+”製品 ID”+”_”+”バリアント製品 ID”

例:

shopify_US_286247125016_3126953639960, 
shopify_US_286247125016_3126954328088
Metafield: mm-google-shopping.color

詳しくはこちら

Red
Metafield: mm-google-shopping.material 素材

詳しくはこちら

Leather
Metafield: mm-google-shopping.size サイズ

詳しくはこちら

XL
Metafield: mm-google-shopping.size_system サイズシステム
「size_system」属性を使用すると、製品が使用される国のサイズシステムを示せます。許容値

  • AU
  • BR
  • CN
  • DE
  • EU
  • FR
  • IT
  • JP
  • MEX
  • UK
  • US

詳しくはこちら

US

Metafield: mm-google-shopping.size_type
サイズタイプ

許容値

  • regular
  • petite
  • plus
  • big and tall
  • maternity

詳細はこちら

regular
Metafield: mm-google-shopping.condition 条件

許容値

  • new
  • refurbished
  • used

詳細はこちら

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Condition

used
Metafield: mm-google-shopping.custom_label_0 カスタムラベル 0

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Custom Label 0
Metafield: mm-google-shopping.custom_label_1 カスタムラベル 1

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Custom Label 1
Metafield: mm-google-shopping.custom_label_3 カスタムラベル 2

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Custom Label 2
Metafield: mm-google-shopping.custom_label_3 カスタムラベル 3

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Custom Label 3
Metafield: mm-google-shopping.custom_label_4 カスタムラベル 4

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Custom Label 4
Metafield: mm-google-shopping.custom_product カスタム製品

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Custom Product
Metafield: mm-google-shopping.google_product_category Google製品カテゴリ

詳細はこちら

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Google Product Category

Clothing & Accessories > Clothing > Dresses
Metafield: mm-google-shopping.mpn MPN

製品の製造元部品番号。

詳細はこちら

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / MPN

GO12345OOGLE
Metafield: mm-google-shopping.age_group 年齢グループ

許容値

  • newborn
  • infant
  • toddler
  • kids
  • adult

詳細はこちら

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Age Group

adult
Metafield: mm-google-shopping.gender 性別

許容値

  • male
  • female
  • unisex

詳細はこちら

Shopify CSVファイル列:

Google Shopping / Gender

male

 

他のGoogleショッピングアプリは他のメタフィールドに Googleショッピングのデータを保存する可能性があることに注意してください。サンプル商品をエクスポートして、変更する必要のあるデータがどのメタフィールドに保存されているかを確認してください。

バリアントメタフィールド

バリアントメタフィールドは、各バリアントに関連付けられているメタフィールドです。バリアントメタフィールドの列名は、「バリアントメタフィールド:」で始まり、メタフィールドと同じように、namespace.nameが続きます。

例:

  • グローバルネームスペースの「buy_price」という名前のバリアントメタフィールドは、「バリアントメタフィールド:buy_price」と呼ばれる必要があります。
  • 「details」ネームスペースの「description」という名前のバリアントメタフィールドは、「Variant Metafield:details.description」と呼ばれる必要があります。

バリアントメタフィールドをエクスポートおよびインポートすると、Shopify APIへの個別のリクエストが必要になるため、アイテムの処理にかかる時間が大幅に増加することに注意してください。したがって、バリアントメタフィールドは本当に必要な場合にのみ注意し、エクスポート/インポートしてください。

Metafieldsページの詳細ドキュメントもお読みください。

知っておきたい

  • 複数の画像とバリアントをProductにインポートするには、同じID、ハンドル、またはタイトル(どちらでも)を持つ行を繰り返すだけでできます。
  • 行を繰り返すには、行全体をそのままコピーします。製品の基本行の内容を削除する必要がないため、行を繰り返すことが簡単です。
  • ShopifyでエクスポートされたCSVファイルは、Excel [Product]シートに貼り付けられ、同じ列でインポートできます。上記の表に示すように、SEO Description列とSEO Title列をMetafield列に変更するだけです。
  • 一部の列を更新しないようにするには、それらの列をExcelファイルから削除します。その後、インポートはそれらに触れません。
  • 空の値を持つ列がある場合、このフィールドは空に変更されます。
  • 既存のバリアント列を更新するには、「バリアントID」列を保持することを忘れないでください。
  • 製品をインポートする方法については、Excelifyチュートリアルをご覧ください。