Excelifyを入手
Excelifyを入手

ページ

「ページ」テンプレートにて各フィールド/列の意味と可能な値と例を含めてご参照ください。

Exported only」タグが付いたフィールドは、Shopifyへのインポート/設定はできませんが、Excelifyエクスポートでエクスポートできます。

Excelシート名

Pages

ページをインポートすることをアプリに伝えるには以下が必須となります:

  • CSVファイルを使用する場合、ファイル名にはPagesという単語を含める必要があります(例:「my-shopify-pages.csv」)。
  • XLSXファイルを使用する場合、ファイルのシート/タブ名は「Pages」である必要があります。XLSXファイルのファイル名は必無くても構いません。

エクスポートとインポートに使用できる列

カラム 説明 / 値の例
ID IDは、Shopifyによってアイテムを識別するために自動的に生成される番号です。
エクスポートによって入力されます。
新しいページを作成するときは、この値を空欄のままにします。数字

44920047631
Handle ページのURLアドレスはhttp://mystore.com/pages/contact-usのように表示されます。

URLアドレスはSEOに大きな影響を与えるため、わかりやすい名前を付けてください。
アプリは入力した文字を小文字に変換し、URLに対応しない記号を削除します。

新しいページを作成するとき、URLを空欄のままにした場合、アプリはタイトルからページURLを生成します。

ハンドルに中国語、アラビア語、ロシア語、またはその他の言語などの非ラテン文字が含まれる場合、デフォルトで、類似した発音のラテン文字に「音訳」されます。「Transliterate Handles to English alphabet」のチェックを外すと、インポート時に、このオプションをオフに切り替えることができます。

アプリはHandle列に入力したものをShopifyの対応できる必要なHandle形式に変換します。

Handleを更新すると、アプリはデフォルトで古いHandleから新しいHandleへのリダイレクトも作成します。これは、ファイルのインポート時にインポートオプションで無効にできます。

Shopifyでは、ハンドルの文字制限が255のため、それより長いハンドルは255文字で切り捨てられます。

URLで使用できる任意の文字

contact-us
Command ページ行をインポートするとき–アプリにそれをどうするかを伝えます:

  • NEW:提供された詳細で新しいページを作成しようとします。そのようなページがすでに存在する(同じIDまたは同じハンドルを持つ)場合、結果は失敗となります。
  • UPDATE:  既存のページを見つけようとし、行のデータで更新します。そのようなページが見つからない場合は、新しく作成されます。
  • REPLACE:最初に提供されたIDまたはハンドルを持つそのようなページが存在する場合、アプリはそれを削除します。その後、新しいものを作成します。既存のページが見つからない場合でも、アプリは新しいページを作成します。UPDATEとの違いは、ページが削除されて再作成されるため、インポートファイルに含まれていなかった列が保持されないことです。
  • DELETE:アプリは、IDまたはハンドルによって検出された既存のページを削除します。そのようなページが見つからない場合、結果は失敗となります。このDELETEコマンドは、ページを一括で削除するのに非常に便利です。

コマンドが指定されていない場合、アプリはUPDATEコマンドを想定します。

NEW
UPDATE
REPLACE
DELETE

UPDATE
Title ページのタイトル(名)。

Text

Contact Us
Author 作者の名前。任意の名前。

テキスト

お名前
Body HTML ページの内容。テキストでも、HTMLコードでも構いません。

アプリは、説明文をより分かりやすくし、よくある問題点を修正するために、自動的に編集を行います。

  • テキストをUTF-8エンコーディングに変換します。
  • x000D_”、”” などの無効な文字を自動的に削除します(他にも削除する必要がある無効な文字がある場合は、Excelify サポートにお問い合わせください)。
  • HTML でない場合は、適切な改行や基本な書式を設定するために、プレーンテキストを HTML に変換します。
  • オプションで、HTMLから画像を削除することができます(インポートオプションでチェックボックスが有効になっている場合)。

テキスト, HTML

Contact us here.
<h2>Subtitle</h>
Created At

Exported only

ページが作成された日時が表示されます。

日時

2017-12-19 22:00:00 UTC
Updated At

Exported only

ページデータを変更すると、自動的に更新されます。

日時

2017-12-19 23:03:00 UTC
Published ページを公開するかどうかを指定します。TRUE は公開され、FALSE は非表示になります。

TRUE
FALSE

TRUE
Published At インポート、エクスポートが可能です。

エクスポートする際、ページが表示された日時を示します。

インポートする際、公開されている時刻を設定することができます。

Published At の日時を設定せずにPublishedをTRUEに設定するだけで、現在の時刻にPublished Atの日時が設定されます。

日時

2016-02-01 00:03:00 UTC
Template Suffix 使用するページテンプレートの接尾辞。

例えば、連絡先ページのテンプレートの接尾辞は「contact」です。独自のカスタムページテンプレートを作成し、適切なテンプレート接尾辞を設定することで、使用するテンプレートを割り当てることができます。

これを空のままにしておくと、デフォルトのページテンプレートが使用されます。

テキスト

contact

 

メタフィールド

メタフィールド のページの説明を参照してください。読んでください。

知っておきたい

  • 一部の列を更新しないようにするには、Excelファイルからそれらの列を削除します。そうすればインポートの際、その列は読み込みません。
  • カラムの値が空の場合、そのカラムの内容は空に変更されます。