Excelifyを入手
Excelifyを入手

ディスカウント(割引)

「ディスカウント」テンプレートの各フィールド/列が表す意味を、許容値や例を含めて確認してください。

Exported only” (エクスポートのみ)タグが付いているフィールドは、Shopifyでインポート/設定できませんが、Excelifyエクスポートでエクスポートすることができます。

Excelシート名

Discount(割引)

必要なディスカウント情報をインポートしていることをアプリに通知するには:

  • CSVファイルを使用している場合、ファイル名には “Discounts “ディスカウントという単語が含まれている必要があり、例えば “my-shopify-discounts.csv “などです。
  • XLSXファイルを使用している場合、ファイル内のシート/タブ名は “Discounts “ディスカウントにする必要があります。XLSXファイルのファイル名は関係ありません。

エクスポートとインポートで利用できるカラム(列)

基本カラム(列)

カラム(列) 説明/値の例
ID

Exported only

IDはアイテム(項目)を識別するためにShopifyが自動的に生成する番号です。
エクスポートによって記入されます。
新しいディスカウントを作成するときは、この値を空欄のままにします。数字

11920047631
Title 管理画面に表示されるディスカウントのタイトルです。

これはディスカウントコードではなく、同じ種類のディスカウントコードをすべて呼び出すための名前となります。

ディスカウントコードを設定するには、”Code”カラム(列)に記入してください。

タイトル欄をインポートしない場合は、コードカラム(列)のコードと同じものが自動的に設定されます。

テキスト

Xmas Discount
Command ディスカウント行をインポートするとき-関係するものをアプリに通知するには:

  • NEW:NEWは、提供された詳細情報を使って新しい ディスカウントを作成します。そのような ディスカウントが既に存在している場合 (同じ ID または同じ Code)、結果はエラーとなります。
  • UPDATE:UPDATEは、既存の ディスカウントを探し、その行のデータで更新します。もしそのようなディスカウントが見つからなければ、新しいディスカウントを作成します。
  • REPLACE:まず、提供されたIDまたはコードを持つディスカウントが存在する場合、アプリはそのディスカウントを削除します。その後、新しいディスカウントを作成します。既存のディスカウントが見つからない場合は、新しいディスカウントを作成します。UPDATEとの違いは、インポートファイルに含まれていなかった列は削除されて再作成されるため、残らないことです。
  • DELETE:アプリは、IDまたはコードで見つけた既存のディスカウントを削除します。 そのようなディスカウントが見つからない場合、結果はエラーとなります。 この削除コマンドは、ディスカウントを一括で削除するのに非常に便利です。

コマンドが指定されていない場合、アプリはUPDATEコマンドを想定しています。

NEW
UPDATE
REPLACE
DELETE

UPDATE
Code 顧客がチェックアウト時に使用するディスカウントコードです。ディスカウントを作成する際に必要です。

1つのディスカウントに対して複数のディスカウントコードを持つことができます。複数のディスカウントコードを作成するには、同じIDまたはタイトルの行を複製します。複数のコードを持つディスカウントをエクスポートすると、各コードも改行されます。

最大文字数は255文字です。コードは大文字と小文字を区別しないので、大文字でも小文字でも違いはありません。

数字

christmas-sale-AB12
Used Count

Exported only

ディスカウントコードの利用回数です。

6
Discount Type ディスカウントの種類が表示されます。パーセント割引、定額割引、送料無料の3つのタイプのいずれかを設定することができます。Shopify 管理画面を介してそれらを入力するのと同じ原則です。

Percentage
Fixed Amount
Free Shipping
Buy X Get Y

Percentage
Discount Value ここでは、パーセンテージ割引のためのパーセンテージの金額か、固定金額だけの金額かが表示されます。

数字はマイナス値にしてください。

マイナス小数点数字

-50.50
Minimum Purchase Amount ディスカウントが適用される最低購入金額です。最低購入金額以下の注文にはディスカウントは適用されません。

小数点数字

20.50
Limit Total Times このディスカウントの利用可能回数です。

数字

2
Limit One Use Per Customer もし「TRUE」の場合、各顧客はこのディスカウントコードを一度だけ使用することができます。

TRUE
FALSE

TRUE
Limit Once Per Order もし「FALSE」の場合は、注文の対象となる各商品からディスカウント額が引かれます。

特定の商品またはコレクションに適用される定額割引のみ編集できます。

TRUE
FALSE

TRUE
Max Uses Per Order 「BuyXGetY」(Xを買ったらYがもらえる)割引タイプの場合のみ:注文ごとに許可される最大使用回数は何回か表示されます。

デフォルト(初期値)では無制限になっています。

数字

5
Minimum Number Of Items ディスカウントコードを適用するための最低購入アイテム数です。「BuyXGet Y」(Xを買ったらYがもらえる)を除くすべてのディスカウントタイプに使用できます。デフォルト(初期値)は空欄、つまり1つです。数字

10
Starts At ディスカウントが利用できる日時を指定します。空欄の場合は、今から開始します。

日時

2017-10-06 23:03:00 UTC
Ends At ディスカウントの有効期限の日付と時間です。空欄のままにしておくと、ディスカウントコードの有効期限が切れることはありません。

日時

2017-10-06 23:03:00 UTC
Updated At

Exported only

ディスカウントデータを変更すると、自動的に更新されます。

日時

2017-10-06 23:03:00 UTC

送料無料カラム(列)

送料無料のディスカウントタイプの場合に記入するカラム(列)です。

カラム(列 説明/値の例
Free Shipping: Country Codes

Only for Discount Type –
Free Shipping

2文字で構成される国別コードに適用される送料無料の国別コードです。

複数の国別コードを入力するには、国別コードをカンマで区切って同じセルに入力します。または、同じディスカウントコード値で新しい行を作成して、それぞれの国別コードを独自の行に入れることもできます。

各国別コードが少なくとも1つの配送ゾーンに追加されていることが重要です。管理画面でそれを行うことができます。設定 -> 配送 -> 配送ゾーン。

“*” を使用して、他の地域への送料無料を適用してください。

国別コード

CA, *
Free Shipping: Over Amount

Only for Discount Type –
Free Shipping

このディスカウントコードでいくらから送料無料が適用されるか表示されます。

小数点数字

20.00

関連するアイテム(項目)のカラム(列)

これらのカラム(列)には、適用するディスカウントコードの追加パラメータを指定することができます。特定の商品、バリエーション、コレクション、または顧客グループにディスカウントを適用するなどです。

カラム(列 説明/値の例
Customer Buys: Quantity

Only for Discount Type –
Buy X Get Y

顧客がディスカウントを受けるために購入しなければならないアイテムの数です。

数字

1
Customer Buys: Collections

Only for Discount Type –
Buy X Get Y

顧客がディスカウントを適用するために購入したリンク先のコレクションのハンドルネームです。これにより、ショップ間でもディスカウントをコピーすることができます。

複数のコレクションにディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • 同じ行のセルにカンマで区切ってコレクションハンドルネームを配置するか、
  • 各行に同じディスカウントコードを複製することで、各コレクションハンドルネームを独自の新しい行に配置するか、です。

コレクションのハンドルネームを表示するには、コレクションをエクスポートして、エクスポートファイルの中にあるハンドルネームを表示させます。または、管理画面からSEOフィールドセクションを見るときに最後のURLの部分としてコレクションのハンドルネームを見ることができます。

ハンドルネームをカンマで区切る

tshirts, best-selling
Customer Buys: Products

Only for Discount Type –
Buy X Get Y

顧客がディスカウントを適用するために購入したリンク先の商品のハンドルネームです。これにより、ショップ間でもディスカウントをコピーすることができます。

複数の商品にディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • カンマで区切られた商品ハンドルネームを同じ行のセルに配置するか、
  • 新しい行に各商品ハンドルネームを入れて、各行に同じコードでディスカウントコードを記入するか、します。

商品ハンドルネームを表示するには、商品をエクスポートして、エクスポートファイルの中でハンドルネームを表示させます。または、管理画面からSEOフィールドセクションを見るときに最後のURLの部分として商品のハンドルネームを見ることができます。

ハンドルネームをカンマで区切る

tshird-red, tshird-green
Customer Buys: Variants

Only for Discount Type –
Buy X Get Y

ハンドルネーム|SKUの組み合わせは、顧客がディスカウントを適用するために購入した、リンクされた商品バリアントの組み合わせです。これにより、ショップ間でもディスカウントをコピーすることができます。

複数の商品バリアントにディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • 商品ハンドルネーム|SKUの組み合わせをカンマで区切って同じ行のセルに入れるか、
  • 各商品ハンドルネーム|SKUを新しい行に入れて、各行に同じコードでディスカウントコードを記入するか、です。

商品ハンドルネーム|SKUの組み合わせを見つけるには、商品をエクスポートして、エクスポートファイルの「handle」と「Variant SKU」のカラム(列)から取得することができます。または、管理画面で確認することができます。

バリアントIDをリストアップするには、商品ハンドルネームを入力する必要はありません。 – そうしないと、商品全体にもディスカウントが適用されてしまいます。

Shopifyの制限は、ディスカウントコードごとに100バリアントです。

ハンドルネーム|SKUの組み合わせをカンマで区切る

tshird-red|SKU-1, tshird-green|SKU-2
Customer Gets: Quantity
Only for Discount Type –
Buy X Get Y
顧客がディスカウントを受けられるアイテムの数です。

数字

1
Applies To: Collections 顧客がディスカウントを受けるリンク先のコレクションのハンドルネームです。これにより、ショップ間でもディスカウントをコピーすることができます。

複数のコレクションにディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • 同じ行のセルにカンマで区切ってコレクションハンドルネームを配置するか、
  • 各行に同じディスカウントコードを複製して、各コレクションハンドルネームを独自の新しい行に配置するか、です。

コレクションのハンドルネームを表示するには、コレクションをエクスポートして、エクスポートファイルの中にあるハンドルネームを表示させます。または、管理画面からSEOフィールドセクションを見るときに最後のURLの部分としてコレクションのハンドルネームを見ることができます。

ハンドルネームをカンマで区切る

tshirts, best-selling
Applies To: Products 顧客がディスカウントを受けるためにリンクした商品のハンドルネームです。 これにより、ショップ間でディスカウントをコピーすることもできます。

複数の商品にディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • カンマで区切られた商品ハンドルネームを同じ行のセルに配置するか、
  • 新しい行に各商品ハンドルネームを入れて、各行に同じコードでディスカウントコードを記入するか、です。

商品ハンドルネームを表示するには、商品をエクスポートして、エクスポートファイルの中でハンドルネームを表示させます。または、SEOフィールドセクションの管理画面から最後のURLの部分として商品のハンドルネームを見ることができます。

ハンドルネームをカンマで区切る

tshird-red, tshird-green
Applies To: Variants ハンドルネーム|SKUの組み合わせは、顧客がディスカウントを受けることができるリンクされた商品バリエーションの組み合わせです。これにより、ショップ間でもディスカウントをコピーすることができます。

 

複数の商品バリアントにディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • 商品ハンドルネーム|SKUの組み合わせをカンマで区切って同じ行セルに入れるか、
  • 各商品ハンドルネーム|SKUを新しい行に入れて、各行に同じコードでディスカウントコードを記入するか、です。

商品ハンドルネーム|SKUの組み合わせを表示するには、商品をエクスポートして、エクスポートファイルの「ハンドル」と「バリエーションSKU」の列から取得することができます。または、管理画面で確認することができます。

バリアントIDをリストアップするには、商品ハンドルネームを入力する必要はありません – そうしないと、商品全体にもディスカウントが適用されてしまいます。

Shopifyの制限は、ディスカウントコードごとに100バリアントです。

ハンドルネーム|SKUの組み合わせをカンマで区切る

tshird-red|SKU-1, tshird-green|SKU-2
Applies To: Customer Groups このディスカウントコードを使用できる顧客グループの一覧です。

複数の顧客グループにディスカウントコードを適用するには、2 つの方法のいずれかを使用します:

  • カンマで区切られた顧客グループを同じ行のセルに配置するか、
  • 新しい行に各顧客グループを入れて、各行に同じコードでディスカウントコードを記入するか、です。

顧客グループは、Shopify管理画面の[顧客]セクションにあります。 新しい顧客グループを定義するには、新しく保存された検索を作成します。

名前をカンマで区切る

Email Subscribers, From Latvia
Applies To: Customers Shopifyが生成した顧客IDです。そのストアから既存の顧客IDを指定した場合、注文はその顧客にリンクされます。

複数の顧客にディスカウントコードを適用するには、2つの方法のいずれかを使用します:

  • カンマで区切った顧客IDを同じ行のセルに入れるか、
  • 新しい行に各顧客IDを入れて、各行に同じコードでディスカウントコードを記入するか、です。

数字

1234567890

知っておきたい

  • 既存のディスカウントを一括で更新したい場合は、この”key”で既存のディスカウントを検索するので、”ID”か”Discount Code”(ディスカウントコード)のカラム(列)(どちらか先に来る方)が必要となります。
  • 既存のディスカウントの一部のカラム(列)だけを更新するには、更新する必要のないExcelファイルからそれらの列を削除します。そうすれば、インポートはそれらには触れません。
  • カラム(列)に空欄の値がある場合、このフィールドは空欄に変更されます。
  • あるショップから別のショップにディスカウントコードをコピーする際に、関連するコレクション商品やバリアントがある場合は、それらがあなたの他のストアにもあることを確認してください。