Excelifyを入手
Excelifyを入手

顧客

「顧客」テンプレートの各フィールド/列が表す意味を、許容値と例を含めて確認してください。

 “Exported only” (エクスポートのみ)タグが付いているフィールドは、Shopifyでインポート/設定できませんが、Excelifyエクスポートではエクスポートできます。

Excelシート名

Customers

顧客情報をインポートしていることをアプリに伝えるには:

  • CSVファイルを使用する場合、ファイル名には “Customers “という単語が含まれている必要があります。例えば、”my-shopify-customers.csv”
  • XLSXファイルを使用している場合、ファイル内のシート/タブ名は “Customers “とする必要があります。XLSXファイルのファイル名は問題ではありません。

概要

このエクスポートでは、管理者の顧客(各顧客にはプライマリ(主な)の姓名と電話番号があり、各住所には独自の姓名と電話番号があります)が配信用に表示されます。

このすべてのデータは、管理画面に表示されるとおりにエクスポートおよびインポートされます。

顧客に複数の住所がある場合、それらはすべてエクスポートされ、各住所は新しいエクセル行に表示されます。 同じ原則を使用して、メールフィールドをユニーク(固有)な顧客識別子(商品情報のハンドルネームと同じ)として維持しながら、複数の住所を持つ顧客情報をインポートすることができます。

エクスポートおよびインポートで利用可能なカラム(列)

基本カラム(列)

カラム(列) 説明/値の例
ID

Exported only

IDは、アイテム(項目)を識別するためにShopifyが自動的に生成した番号です。
エクスポートによって入力されます。
新規顧客を作成する場合、この値は空欄のままにしてください。許容値数字

44920047631
Email 顧客の主なメールアドレスです。

ストアが顧客ログインを必要とするように設定されている場合、これがユーザー名になります。

メールアドレスは、このストア内でユニーク(唯一)である必要があります。つまり、各メールアドレスはストア全体のこの列で1回だけ使用できます。 顧客が注文してメールアドレスが入力されると、そのメールアドレスは、注文が割り当てられる顧客を識別するために使用されます。

名前が入力されている場合、メールは空欄になる可能性があります。

メールは、顧客を識別するための二次的な方法として、また、顧客が既に存在するかどうかを確認するための方法として使用されます。インポート結果では、メールフィールドは”Handle”(ハンドル ネーム)と呼ばれることもあります(他のすべてのアイテム(項目)の二次識別子と同様です)。

許容値

Email Address

you@somemain.com
Command 顧客の行をインポートする場合 – 関係するものをアプリに通知するには:

  • NEW:NEW は、提供された詳細情報を使用して新しい顧客を作成しようとします。そのような顧客が既に存在している場合(同じIDまたは同じEメール)、結果はエラーとなります。
  • UPDATE:既存の顧客を検索し、行のデータでUPDATE(更新)しようとします。 そのような顧客が見つからない場合は、新しい顧客が作成されます。
  • REPLACE:最初に、提供されたIDまたは電子メールを持つそのような顧客が存在する場合、アプリはそれを削除します。 その後、新しいものを作成します。 既存の顧客が見つからない場合でも、アプリは新しい顧客を作成します。 UPDATEとの違いは、顧客が削除されて再作成されるため、インポートファイルに含まれていなかった列が残らないことです。
  • DELETE: IDまたはメールで検索された既存の顧客を削除します。そのような顧客が見つからない場合、結果はエラーとなります。この削除コマンドは、顧客を一括で削除するのに非常に便利です。

コマンドが指定されていない場合、アプリはUPDATEコマンドを想定しています。

許容値

NEW
UPDATE
REPLACE
DELETE

UPDATE
First Name 顧客の名前です。

メールが入力されている場合は、名前を空欄にすることができます。

許容値

Text

John
Last Name 顧客の姓です。

許容値

Text

Smith
Phone 電話番号は、国番号を含む完全なもので、それぞれの国で有効なものでなければなりません。

電話番号の前に ‘ (アポストロフィ) を付けて、エクセルに + (プラス) 記号を表示させることができます。ただし、+(プラス)記号は必須ではありません。

電話番号はユニーク(唯一)である必要があります – Shopifyは、1つの電話番号が1つの顧客に属することを許可します。 – 顧客がメールを持っていない場合、Shopifyは電話番号を使用して、どの顧客に注文を割り当てるかを識別します。

許容値

Phone Number

'+15417543000
State 顧客のステータス(状態)-次のうちのいずれかです:

  • disabled: 顧客は招待されるまでデフォルト(初期値)では無効になっています。
  • invited: 顧客に、アカウントを作成するための招待状がメールで送られました。
  • enabled:顧客は招待メールを受け入れてアカウントを作成しました。
  • declined: 顧客が、アカウント作成のためのメール招待を拒否しました。顧客が招待を拒否した場合、新しいアカウントアクティベーション(有効化)URLを生成することはできません。

これらの状態は、顧客に対して行われたアクションから常に”calculated”(計算)されます。インポートすると、常に最初は”disabled”(無効化)です。

招待状を送信した場合(または”Send Account Activation Email”という欄をTRUEとしてインポートした場合)、状態は”invited”「招待済み」となります。

最初に顧客を “enabled”(有効)状態としてインポートするには、”Password”(パスワード)を何かに設定してインポートするしかありません。 通常、パスワードは設定せずに、招待状を送信して顧客が承認できるようにします。

警告:Shopifyは、アップデートによって状態を”disabled”(無効)から”enabled”(有効)に変更することを許可していません。 それを変更する唯一の方法は次のとおりです。

  1. 顧客が招待を承認し、アカウントをアクティブ化したとき。
  2. その顧客を削除して、最初から有効な状態で新しい顧客を作成し、パスワードを設定した場合。

許容値

disabled
invited
enabled
declined

disabled
Accepts Marketing 顧客が、マーケティングEメールを送信できることを受け入れたかどうか表示されます。

許容値

TRUE
FALSE

TRUE
Created At

Exported only

顧客作成時に自動的に設定されます。

許容値

Date & Time

2017-10-06 23:03:00 UTC
Updated At

Exported only

顧客データが変更されると、自動的に更新されます。

許容値

Date & Time

2017-10-06 23:05:00 UTC
Note カスタマーカードに書かれていることは全て、Shopify 管理画面からアクセスできます。

許容値

Text

Your notes go here.
Verified Email 顧客のメールアドレスが有効かどうかを表示します。

顧客が確認メールを受信し、確認リンクを押した場合に TRUE に設定されます。

この値は、新規顧客を作成する際にもインポートできます。

デフォルト(初期値)では、値はFALSEになります。

許容値

TRUE
FALSE

TRUE
Tags タグを使用すると、顧客に要素または”properties”(プロパティ)を追加できます。これをフィルタリングに使用して、ストアテーマ内の顧客向けに追加ロジックを開発できます。

タグを一括管理する方法については、このチュートリアルを参照してください。

許容値

Comma Seperated List

Friend, Migrated
Tags Command タグと関係するものをアプリに通知するには:

  • MERGE:既存のタグに新たなタグを追加します。 つまり、インポートファイルにすべてのタグをリストする必要はなく、追加したいタグをインポートできます。 インポートするタグの一部がすでに存在する場合、アプリはそれを無視します。
  • DELETE:インポートファイルにリストされているタグを削除します。 リストされたタグが存在しない場合、アプリはそれを無視します。
  • REPLACE:既存のすべてのタグをインポートファイルのタグに置き換えます。 マージ(統合)を使用する場合、アプリが最初に既存のタグを読み込む必要があり、追加の時間がかかるため、この方法を使用してインポート速度を最大化します。

アイテム(項目)内の複数の行に、さまざまなタグコマンドを使用してタグを一覧表示することもできます。
それらは、ファイルにリストされているのと同じ順序でアイテム(項目)内で実行されます。

タグコマンドが設定されていない場合、アプリはデフォルトでREPLACEコマンドを想定します。

タグを一括管理する方法については、このチュートリアルを参照してください。

許容値

MERGE
DELETE
REPLACE

REPLACE
Row #

Exported only

各行の行番号は1から最後までです。 エクスポートしたファイルの並べ替えを変更してデータを簡単に更新した場合は、 “Row #” (行番号)で並べ替えて、元に戻すことができます。 なぜなら、すべてのアイテム(項目)データは一緒になっている必要があるためです。並べ替えを変更した場合は、元に戻す必要があります。
Top Row

Exported only

アイテム(項目)の“top row”(トップ行)ごとに値“TRUE”があります。 これは、アイテム(項目)ごとに繰り返される行を削除する必要がある場合に備えて、Excelでフィルター処理して基本行のみを取得するのに役立ちます。 一部のシートには、以前に主行のカラム(列)としてこれがすでに含まれていましたが、すべてのシートに追加し、より明確になるようにトップ行に名前を変更しました。

最初と最後の注文

これらのカラム(列)はエクスポートされるのみです。

カラム(列) 説明/値の例
Total Spent

Exported only

ストアでの実際の注文から計算された、この顧客が費やした合計金額です。

データは常に利用可能であるため、”First and Last Order” (最初と最後の注文)チェックボックスがチェックされていない場合でもエクスポートされます。

48234.93
Total Orders

Exported only

顧客が購入した注文の総数です。

データは常に利用可能であるため、”First and Last Order” (最初と最後の注文)チェックボックスがチェックされていない場合でもエクスポートされます。

5
First Order: ID

Exported only

顧客の最初の注文のIDです。

2387462873468
First Order: Name

Exported only

顧客の最初の注文時の名前です。

#12345
First Order: Processed At

Exported only

顧客の最初の注文時の日時です。

インポートされた注文の場合、これは注文がインポートされた日付ではなく、処理された日付になります。

日付と時刻は、Excelの時刻として認識されるフォーマットになります。

2019-01-01 12:34:00 UTC
First Order: Price Total

Exported only

この顧客の最初の注文の合計価格です。

これは実際に支払われた金額ではなく、注文自体の合計です。

999.99
Last Order: ID

Exported only

顧客の最後の注文のIDです。

顧客の注文が1つしかない場合、これは最初の注文時と同じになります。

2387462873468
Last Order: Name

Exported only

顧客の最後の注文時の名前です。

顧客の注文が1つしかない場合、これは最初の注文と同じになります。

#12345
Last Order: Processed At

Exported only

顧客の最後の注文時の日時です。

インポートされた注文の場合、これは注文がインポートされた日付ではなく、処理された日付になります。

日付と時刻は、Excelの時刻として認識されるフォーマットになります。

顧客の注文が1つしかない場合、これは最初の注文と同じになります。

2019-01-01 12:34:00 UTC
Last Order: Price Total

Exported only

顧客の最後の注文の合計価格です。

これは実際に支払われた金額ではなく、注文自体の合計です。

顧客の注文が1つしかない場合、これは最初の注文と同じになります。

999.99

住所

各顧客は、配送に使用される複数の住所を登録することができます。 それらの1つは、”Address Is Default”(住所はデフォルトです)列にマークされている主の住所です。

これらの住所はすべて、エクスポートだけでなくインポートも可能です。

複数の住所を持つ顧客は、複数のバリアントを持つ商品と同じ方法で編成されます。追加の住所ごとに、セルを基本カラム(列)から新しい行にコピーする必要があります。 住所が同じ顧客に属していることを識別するには、IDまたはメールセル(どちらか先に表示される方)が必要です。または、これら2つが空欄の場合は、少なくとも”First Name” (名)と”Last Name” (姓)を繰り返す必要があります。それが便利な場合、同時に他のすべてのセルも複製することができます。

これらはすべてカラム(列)であり、Shopify 管理画面で1人の顧客を入力し、デフォルト(初期値)アドレス(住所)カードの”Change” (変更)ボタンを押すとアクセスできます。

会社の住所

会社名(会社の住所に発送する場合)です。

許容値

Text

Smith Inc.
カラム(列) 説明/値の例
Address ID

Exported only

IDは、住所を識別するためにShopifyによって自動的に生成される番号です。
エクスポートによって入力されます。
新しい顧客の住所を作成するときは、この値を空欄のままにします。既存の住所を更新する必要があり、それらをすべて置き換えたくない場合は、住所IDの値を入力したままにします。これにより、インポートにどの住所を更新する必要があるかを認識します。
許容値数字

44920047999
Address Command 住所がインポートされると、住所の行ごとに必ず1つのコマンドが実行されます:

  • MERGE –新しい住所を既存の顧客住所にMERGE(統合)します。
  • DELETE– “Variant ID”(バリアントID)でリストされた住所を削除します。 “Variant ID”(バリアントID)がリストされない場合、住所削除はエラーとなります。
  • REPLACE –既存のすべての顧客住所をインポートにリストされている住所に置き換えます。 これにより、その顧客のインポートに含まれていない住所が削除されます。

アドレス(住所)コマンドが指定されていない場合、MERGEが想定されます。

許容値

MERGE
DELETE
REPLACE

MERGE
Address First Name 登録名とは異なる場合があります。 この名前は、この特定の住所に配送するときに使用されます。

許容値

Text

Eric
Address Last Name この住所時の姓です。 この特定の住所に配送するときに使用されます。

許容値

Text

Smith
Address Phone この配送先住所に使用する電話番号です。

許容値

電話番号

'+15417543002
Address Line 1 住所1行目です。

許容値

Text

Calvin Street 5
Address Line 2 住所2行目です。

許容値

Text

2nd Floor
Address City 都市名です。チェックされないので、任意の都市名を入力することができます。

許容値

Text

Dough
Address Province 州名はShopifyの地理的分類子と照合されます。値が有効でない場合、顧客の作成がエラーとなります。

利用可能な値がわからない場合は、Shopify 管理画面に移動し、住所を編集し、ドロップダウンをクリックして、選択した国の州を選択します。

住所の州コードが入力されている場合、空欄のままにしておくと、そこから州が設定されます。

許容値

州名

Ontario
Address Province Code Shopify分類子には州コードがあります。 これがチェックされ、値が有効でない場合、顧客の作成はエラーとなります。

住所の州名が入力されている場合、これは空欄のままにしておくことができ、そこから州が設定されます。

許容値

州コード

ON
Address Country 国名はShopify地理的分類子と照合されます。 値が有効でない場合、顧客の作成はエラーとなります。

利用可能な値がわからない場合は、Shopify 管理画面に移動し、住所を編集して、ドロップダウンをクリックして国を選択してください。

住所の国コードが入力されている場合は、空欄のままにしておくと、そこから国が設定されます。

許容値

国コード

Canada
Address Country Code 2文字で構成される国の国際コードです。

住所の国名が入力されている場合は、空欄のままにしておくと、そこから国が設定されます。

許容値

国コード

CA
Address Zip 住所の郵便番号です。 Shopifyはその正確性をチェックしません。

許容値

郵便番号

ZIP-1234
Address Is Default この住所を顧客の主の住所に設定する必要がある場合は、これをTRUEに設定します。

許容値

TRUE
FALSE

FALSE

機能カラム(列)

顧客の機密情報を操作できる機能カラム(列)がいくつかあります。

 

カラム(列) 説明/値の例
Account Activation URL

Exported only

このカラム(列)は、カスタマーエクスポートの”Activation URLs”(アクティベーション(有効化)URL)チェックボックスをオンにした場合にのみエクスポートによって生成できます。

このリンクを開くと、Shopifyストアは顧客に新しいパスワードの入力を求めます。これが完了すると、顧客はインポートしたすべてのデータを使用して、すべてのプロフィールを使用できる状態で、アカウントを即座にアクティブ化します。

これにより、旧システムからの移行時に顧客にスムーズな移行を提供することができます。

これらのURLを使用して、MailChimpなどのお気に入りのマスメール(大量メール送信)プロバイダーを使用して、新しくインポートされた顧客に招待メールを送信できます。

アカウントアクティベーション(有効化)URLを取得するには、新規顧客をインポートした後にエクスポートを行う必要があり、それによりURLが生成されます。次に、このエクスポートされたExcelをマスメーリングリストにインポートし、”Activate Your Migrated Account”(移行したアカウントをアクティブ化する)などのメインの行動を促すアクションボタンで使用するだけです。

重要:新しいアクティベーション(有効化)URLを生成するたびに、以前のURLは”expired”(期限切れ)となり無効になります。これはShopifyがアクティベーション(有効化)を整理しているからで、管理画面から顧客ごとに個別にアクティベーション(有効化)の招待状を送信しても同じことが起こります。

https://yourstore.com/...
Send Account Activation Email このカラム(列)はインポートのみ可能です。

ここを”TRUE”に設定すると、顧客がインポートされるとすぐに、Shopifyからアカウントをアクティブ化するためのデフォルト(初期値)の招待メールが届きます。これは、顧客ページの管理画面で、”Send account invite” (アカウントの招待を送信)を押した場合と同じです。

顧客を移行するとき、Shopifyが移行されたアカウントを一括でアクティブ化するための招待状を送信することをお勧めします。 まず、インポート時にこれをTRUEに設定します。 これは、Account Activation URL(アカウントアクティベーション(有効化)URL)リンクを使用して独自の大量メールを送信したくない場合に、顧客の移行をスムーズに行うために使用できます。

値が空欄の場合はFALSEとみなされ、招待状が送信されません。

この値を TRUE に設定して、エクスポートしてからアップデートとしてインポートするだけで、既存の Shopify の顧客にもアクティベーション(有効化)を送ることができます。

許容値

TRUE
FALSE

TRUE
Send Welcome Email これを”TRUE”に設定すると、顧客がインポートされるとすぐに、デフォルト(初期値)のウェルカムメールが届きます。

このウェルカムメールは、インポートされた顧客がアクティブ化される場合にのみ送信されます。 新規顧客のインポートでパスワードを設定した場合などです。

許容値

TRUE
FALSE

FALSE
Password 顧客をインポートして、新しいパスワードを好きなように設定することができるのを、想像してみてください 。そうすれば、顧客は即座にアクティブ化され、そのパスワードでログインできるようになります。

また、既存の顧客のパスワードを変更する際にも同じ方法で変更することができます。

パスワードは強力に暗号化されており、Shopifyでさえ知り得ないため、パスワードをエクスポートすることはできません。

許容値

Text

a898w3424&*&(
Multipass Identifier Shopify Plusストアでのみ利用可能です。

マルチパスログインの識別子を設定できます。

マルチパスの詳細をご覧ください。

許容値

Text

bob123

メタフィールド

メタフィールドページの説明を読んでください。

知っておきたい

  • 住所の行を繰り返すには、行全体をそのままコピーするだけで、基本列の内容を削除する必要がないため、コピーが簡単になります。
  • ShopifyでエクスポートしたCSVファイルをExcel[顧客]シートに貼り付けて、同じ列でインポートすることができます。ただ、Shopifyのデフォルト(初期値)エクスポートでCSVにエクスポートする場合、全ての顧客データがエクスポートされるわけではないことを知っておいてください。
  • 一部のカラム(列)を更新しないようにするには、Excelファイルからそれらのカラム(列)を削除します。 その後、インポートはそれらに触れません。
  • アドレスIDの値がない場合は、すべてのアドレスがインポートされたものに置き換えられます。
  • 既存のアドレスカラム(列)を更新するには、”Address ID”(アドレスID)カラム(列)を残すことを忘れないでください。
  • 値が空欄のカラム(列)がある場合、このカラム(列)は空欄に変更されます。