Excelifyを入手
Excelifyを入手

カスタムコレクション

Shopifyマニュアルコレクションとも呼ばれます。 これらは、製品を手動で接続するコレクションです。

「カスタムコレクション」テンプレートの各フィールド/列が何を意味するかを、可能な値と例を含めて確認してください。

「Exported only」タグが付いたフィールドは、Shopifyでインポート/設定できませんが、Excelifyエクスポートでエクスポートできます。

Excelシート名

Custom Collections

必要なカスタムコレクションをインポートしていることをアプリに伝えるには:

  • CSVファイルを使用する場合は、ファイル名に “Custom Collections “という単語が含まれている必要があり、例えば “my-shopify-custom-collections.csv “のようになります。
  • XLSXファイルを使用している場合は、ファイル内のシート/タブ名を「カスタムコレクション」にする必要があります。XLSXファイルのファイル名は関係ありません。

エクスポートとインポートで利用可能なカラム

基本的なカラム

カラム 説明/値の例
ID

Exported only

IDは商品を識別するためにShopifyが自動的に生成する番号です。
エクスポートで記入します。
新規にスマートコレクションを作成する場合は、この値は空のままにしておきます。
数字

22920047631
Handle このように、あなたのお店の訪問者がコレクションのURLアドレスに表示されるのは、このようなものです:

https://mystore.com/collections/cool-looking-tshirts

URLアドレスはSEOに大きく影響するので、意味のある名前をつけましょう。
ここに何を書いても、アプリはそれを小文字に変換し、URLフレンドリーでない記号をすべて削除します。
新しいコレクションを作成する際には、空のままにしておくこともできますが、その場合はアプリがタイトルから生成します。

ハンドルに中国語、アラビア語、ロシア語などの非ラテン文字、またはその他の言語が含まれる場合、デフォルトで、類似した発音のラテン文字に「音訳」されます。 「ハンドルを英語のアルファベットに変換する」のチェックを外すと、インポート時にオプションのこのオプションをオフに切り替えることができます。

Handle列に何を入力しても、アプリはそれを必要なHandle形式に変換します。これはShopifyで受け入れられます。

Handleを更新すると、デフォルトでアプリは古いHandleから新しいHandleへのリダイレクトも作成します。 これは、ファイルのインポート時にインポートオプションでオフにできます。

Shopifyでは、すべてのハンドルに255文字の制限があるため、それより長いハンドルは255文字に切り捨てられます。

URL で許可されている任意の文字

cool-looking-tshirts
Command カスタムコレクション行をインポートする場合–アプリにそれをどうするかを伝えます:

  • NEW: 指定された詳細で新しいカスタムコレクションを作成しようとします。 そのようなカスタムコレクションが既に存在する(同じIDまたは同じハンドルを持つ)場合、結果は失敗します。
  • UPDATE: 既存のカスタムコレクションを見つけようとし、行のデータで更新します。 そのようなカスタムコレクションが見つからない場合は、新しく作成されます。
  • REPLACE: 最初に、提供されたIDまたはハンドルを持つカスタムコレクションが存在する場合、アプリはそれを削除します。 その後、新しいものを作成します。 既存のカスタムコレクションが見つからない場合でも、アプリは新しいコレクションを作成します。 UPDATEとの違いは、カスタムコレクションが削除されて再作成されるため、インポートファイルに含まれていなかった列が保持されないことです。
  • DELETE: アプリは、IDまたはハンドルで検出された既存のカスタムコレクションを削除します。 そのようなカスタムコレクションが見つからない場合、結果は失敗になります。 このDELETEコマンドは、カスタムコレクションを一括で削除するのに非常に便利です。

コマンドが指定されていない場合、アプリはUPDATEコマンドを想定します。

許容値

NEW
UPDATE
REPLACE
DELETE

UPDATE
Title コレクションのタイトル

テキスト

Cool Looking T-shirts
Body HTML これはコレクションの長い説明です。

ここには単なるテキストを書くこともできますし、HTMLコードを使ってテキストをフォーマットすることもできます。

画像、ビデオ、他の商品、コレクション、サイトへのリンク、表などを追加することができます。

HTMLの機能をオンラインで学ぶことができ、例えば, W3Schools.com Treehouse.com r Udemy.comなどのオンラインビデオコースを利用することができます。

HTMLの説明文を作成する最良の方法は、Shopify Adminで1つのコレクションの説明文を書き、それを好きなようにフォーマットし、エクスポートすることです。その後、あなたはそれがどのようにHTMLに変換され、他のコレクションにも同じことを適用することができるようになります。

このアプリはまた、使いやすくするために説明文を自動的にいくつかのヘルプを行っており、人気のある問題を修正しています。

  • テキストをUTF-8エンコーディングに変換します。
  • “_x000D_” や ” ” などの無効な文字を自動的に削除します(他にも削除が必要な無効な文字がある場合は Excelify サポートにお問い合わせください)。
  • これがすでにHTMLでない場合は、プレーンテキストをHTMLに変換します – そうすれば、適切な改行と基本的な書式設定ができます。
  • オプションで、HTMLから画像を削除します(インポートオプションでチェックボックスが有効になっている場合)。

テキスト, HTML

Those all are nice T-shirts, and this is their <b>description</b>.
Sort Order これは、スマート コレクション内で商品がどのようにソートされるかを定義します。

基本的に、これはスマートコレクションを編集するときに管理者で選択できるドロップダウンの選択肢と同じです。

並べ替え順序を “手動” に設定した場合、列 “Product.Position” を更新して、コレクション内の商品の位置を変更することができます。位置」を更新して、コレクション内の商品の位置を変更することができます。

Alphabet
Alphabet Descending
Best Selling
Created
Created Descending
Manual
Price
Price Descending

Best Selling
Template Suffix テンプレートサフィックスを使用すると、この特定のコレクションのためにテーマから別のテンプレートを指定することができます。例えば、ページレイアウトが異なる女性のTシャツコレクションには、別のテンプレートを指定したい場合があるかもしれません。

開発者と協力して新しいテンプレートを作成するか、コレクション用の追加テンプレートの追加についてShopifyのドキュメントを参照してください。新しいテンプレートが作成されたら、この列に設定して、必要なコレクションのためにそれを有効にすることができます。

新しいコレクションテンプレートがテーマで作成されると、その異なるテンプレートがShopify Adminのコレクションのドロップダウンとして表示されます。例えば、新しいテンプレートのファイル名が「collection.women.lquid」である場合、このコレクションのためにこのテンプレートを有効にするには、テンプレートのサフィックスとして「women」と書いてください。

テキスト

women
Updated At

Exported only

この列はエクスポートのみになります。

コレクションデータを変更するたびに自動的に更新されます。

許容値

日時

2017-10-06 23:03:00 UTC
Published このコレクションを「オンラインストア」の販売チャネルで公開するかどうかを指定します。これを「FALSE」に設定した場合、オンラインストアからは非表示になり、顧客はコレクションを見つけることができなくなります。

この列を空のままにしておくと、オンラインストアからコレクションが非表示になります。

コレクションが公開されていない場合は、Shopify管理者からこのコレクションを見つけるか、この列の更新をインポートして、「公開」を「TRUE」に設定することで公開することができます。

この列に何か他のことを書くと、コレクションはインポートされず、この項目のインポート結果の行に “Bad Request “というエラーが表示されます。

TRUE
FALSE

TRUE
Published At この列はエクスポートのみ可能です。

オンラインストアチャンネルにカスタムコレクションを公開するたびに自動的に更新されます。

特定の公開日を設定することはできません。

日時

2017-10-06 23:03:00 UTC
Published Scope この列はエクスポートのみ可能です。

コレクションが公開されている場所を指定します。

  • global: オンラインストアチャンネルとポイントオブセールチャンネルの両方で発行されています。
  • web: オンラインストアチャンネルでのみ公開されています。

global
web

global
Products Count

Exported only

コレクションの商品数。

数字

5
Row #

Exported only

各行の1から最後までの行番号を持つことになります。これで、エクスポートしたファイルのソートを変更してデータを更新しやすくした場合、「行番号」でソートして元のソートに戻すことができるようになります。なぜなら、すべての項目データが一緒になっているはずだからです – そして、ソートを変更した場合、ソートを元に戻す必要があります。
Top Row

Exported only

項目の「最上行」ごとに値「TRUE」を持ちます。 これは、項目ごとに繰り返される行を削除する必要がある場合に備えて、Excelでフィルタリングして基本行のみを取得するのに役立ちます。 一部のシートには既にこれがプライマリ行の列として含まれていましたが、これをすべてのシートに追加し、名前を[トップ行]に変更して、わかりやすくしました。
Image Src 画像へのリンクです。このリンクは公開されている必要があります。

1つのコレクションには1つの画像しかありません。

画像をインポートすると、Shopifyが画像をダウンロードして独自のサーバーに保存するので、このリンクを使用してホストする必要はありません。

コレクションの画像を更新する必要がない場合は、インポートファイルからこの列を削除してください。

URL

https://images.com/image.jpg
Image Width

Exported only

画像の幅をピクセル単位で指定します。

数字

1263
Image Height

Exported only

画像の高さをピクセル単位で指定します。

数字

573
Image Alt Text コレクション画像のための Alt テキスト。検索エンジンに画像の中に何が入っているのかが分かるので、SEOに最適です。

テキスト

Some descriptive name of the image

リンクされた製品

各カスタムコレクションには、これらの列で定義された製品を含めることができます。

「リンクされた製品」を含むカスタムコレクションをエクスポートする場合、エクスポートされたファイルに製品列が追加されます。

コラム 説明/値の例
Product: ID このコレクション内のリンクされた製品のID。

コレクションにリンクされた複数の製品がある可能性があるため、既存のコレクションのエクスポートを実行すると、リンクされた製品と同じ数の行が繰り返されます。

リンクされた商品のコレクションをインポートする必要がある場合は、商品とリンクされた商品のカスタムコレクションをエクスポートし、新しいストアにインポートするだけです。 インポートでは製品シートの情報を使用して、どの古い製品IDがどの新しい製品IDになったかを判別するため、同じファイルに製品もエクスポートされていることを確認してください。

数字

11920047631
Product: Position 複数のリンクされた製品がある各カスタムコレクションについて、適切な位置番号を設定することにより、そのコレクション内のリンクされた製品の位置を表示および変更できます。番号は1から始まります。例:1、2、3…

位置番号は、[ソート順]が「手動」であるカスタムコレクションにのみ使用されます。並べ替えが手動ではない場合、位置は並べ替え基準に応じてShopify内で動的に計算されます。

大規模なカスタムコレクションでリンクされた製品の順序を変更するには、エクスポートし、位置番号を好きなように設定して、その1つのコレクションをインポートします。

特に、大量のコレクションがある場合、Shopify Adminでマウスを使って位置を変更するのが難しい場合に特に役立ちます。

製品列を含むカスタムコレクションをインポートするときは、このコレクションに属するすべての製品IDを必ず含めてください。これらは上書きされます。

コレクション列のみを更新する必要があり、リンクされた製品の何も変更する必要がない場合は、それらの製品列を削除する(そして重複する行を削除する)だけです。または、エクスポートを実行して、リンクされた製品を含めないようにすることもできます。そうすると、それらの製品列は生成されません。

数字

27
Product: Handle エクスポートに「製品」が含まれている場合、この列には、リンクされている製品の製品ハンドルが含まれます。

インポート時 – この列は、「商品.ID」で商品が見つからない場合に読み込まれ、コレクションのためにリンク先の商品を識別するための二次的な方法として使用されます。ID」で見つけられなかった場合に読み込まれ、コレクションのためにリンクされた商品を識別するための二次的な方法として使用されます。

このようにして、あるストアから別のストアへのスムーズなコピーが達成されます。

テキスト

mom-strength-tshirt

メタフィールド

メタフィールドのページで説明を読んでください。

SEO フィールド

SEOフィールドは、実際には次の名前のメタフィールドです:

  • SEOタイトルメタフィールド名は「Metafield:title_tag」です。
  • SEO説明メタフィールド名は「メタフィールド:description_tag」です。

 

知っておきたい

  • コレクションのリンクされた製品を更新する必要がない場合は、カスタムコレクションのエクスポートを実行するときに[リンクされた製品]チェックボックスをオフにします。
  • 一般に、スマートコレクションを使用して製品をリンクすることをお勧めします。これは、動的であるため、製品を手動で添付する必要がないためです。 カスタムコレクションは、スマートコレクションルールでは特定できないため、コレクションに含める製品を特定する場合に最適です。
  • カスタムコレクションごとにリンクされた複数の製品をインポートするには、少なくとも同じID、ハンドル、またはタイトル(どちらか早い方)を使用して行を繰り返し、「製品:ID」の値を設定します。 ベース行の内容を削除する必要がないため、コピーが簡単になります。
  • 一部の列を更新しないようにするには、それらの列をExcelファイルから削除します。 その後、インポートはそれらに触れません。
  • 空の値を持つ列がある場合、この列は空に変更されます。
  • メタフィールドの数に制限はありません。